2016年11月09日

秋夜

・・・

深夜2時のサーフ

あたりには誰もいない中、トコトコ歩きながら魚道ヘビーサーフを打ち込んでいく

今年は、マゴチをまだ掛けていなかったから11月のお題



満潮の潮どまりが2時ごろだったから、1時から始めて約1時間・・・


クルマからは500mは離れている、時折ココンッとしたアタリはあるものの


ノらない・・・


ふと、進行方向を見ると波打ち際に白いものが・・・

なんだ?





ライトを当てる・・・





花束だ・・・これは・・・




小菊だ、しかもまだ新しめの・・・その瞬間


突然、キーンとした耳鳴りで波の音が聞こえなくなった
「ア、コレヤバイヤツジャネ?」

即ルアーを回収、転身撤退


走らず、でもしっかり速足・・・


後ろがとっても気になる・・・でも振り返れない


無事にクルマに到着、荷台にロッドとベストを放り込み

ウエーダーのままクルマを走らせる

国道のパーキングで着替えをしながら考える


夜のサーフで菊の花束に遭遇する確率を・・・


このまま、まっすぐ家には帰れない・・・と、思いコンビニへ


店の中に入りお酒とおつまみ適当に放り込んで、なにげなく店内からクルマを見ると違和感・・・



・・・
助手席に女性が乗っている




今日はKトラだから助手席には荷物が置いてあったはず
「コレヤバイ、コレヤバイ」


もう1度、今度はよく見てみた・・・すると、その隣に・・・





隣に・・・







あった…のは





オレのクルマだ・・・
「コンビニの四角い構造からKトラがもう1台増えて、2台揃ったら
 奥の自分のクルマが死角に入ったんだね、この時期白いKトラいっぱい走ってるし」




そして、この後日も懲りずに深夜の海辺へ繰り出し3連敗



ノーフィッシュ! (1).jpg


連敗脱出は大物でいきたいところだね






・・・

でも、あの花束はいったい・・・
posted by maru at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック